初秋の彩り 30万本☆「黄花コスモス畑 満開♪」 「花の海(山陽小野田市)」

更新日:2017年5月11日

季節体験農場花の海では、遊休農地を有効活用し黄花コスモスを栽培しています。地力向上、地元活性化の目的で栽培をつづけて今年で5年目。少しずつ生産本数を増やされ、今年は過去最大、約30万本のコスモスが綺麗に咲いています。
花の海-黄花コスモスは平面できれいに見て頂くために、背丈はとても低く、人の腰くらいで綺麗に一面を見渡せる作りが大きな特徴です。今年の夏の酷暑、その後の台風等、気候の極端な中、そのような環境でも力強く咲いたコスモスはとても生命力の溢れた風景を作りだしています。是非一度ご覧ください。

◆開花時期
黄花コスモス約30万本 9月23日〜10月中旬くらいまで
◆特徴
背丈は約40cm〜50cm。濃いオレンジとオレンジ色の花色。
名前の示すとおりコスモスの1種ですが花色は橙色や黄色など私たちが普段コスモスと呼んでいるものとは色彩がやや異なり、草丈は低めでも花も早い時期から咲き始めます。
黄色の花を咲かせるコスモスの仲間なので、キバナコスモス(黄花コスモス)です。
※学名「コスモス・スルフレウス」は「硫黄色」の意味でこれも花色に由来する。

◆花言葉
「野性的な美しさ」・「幼い恋心」
繊細な印象のコスモスに比べて、野性的な魅力があるキバナコスモス
実際にコスモスよりも夏場の暑さに強く、繁殖力が旺盛です。
花言葉の「野性的な美しさ」もその野草的な雰囲気に由来する。

◆問い合わせ先
株式会社花の海
総合交流部 小玉

山口県山陽小野田市埴生3392
TEL 0836-79-0130
FAX 0836-79-0133

施設の情報はこちら