初飛来!関門地区共同開催-アサギマダラ・スタンプラリースタート!「花の海(山陽小野田市)」

更新日:2016年10月13日

季節体験農場花の海では、遊休農地を有効活用し毎年お花畑を栽培しています。

地力向上、地元活性化の目的で栽培をつづけて今年で5年目。少しずつ生産本数を増やされ、今年は約30万本の黄花コスモス、約70万本のピンクコスモス、そして5600本のフジバカマとオミナエシ420本が満開を迎えています。特にフジバカマ、オミナエシについては、他7施設と共同でこの地域に飛来するアサギマダラを増やすため、渡蝶の休憩スポットづくりとして今年初めて植え込みを行い、管理されてきました。

2度の台風接近、秋の長雨にも負けず、力いっぱい咲いた花々は見る人を元気にします。

そんな中、昨日アサギマダラが20頭程度、花の海へ初飛来しました。お花だけでなく、この時期にしか見れない渡蝶-アサギマダラも観察できます。



◆開花時期

●黄花コスモス 約30万本 9月20日〜10月16日まで

●ピンクMIXコスモス 約70万本 10月15日〜11月13日まで

●渡蝶 アサギマダラ観察 10月末日まで

●フジバカマ・オミナエシ見頃 10月末日まで



◆特徴(アサギマダラ)

日本で唯一の渡蝶で、北は北海道から南は沖縄まで日本を横断しますが、沖縄よりさらに南の台湾や香港まで飛んだ記録もあります。海を渡って1000キロを超える大移動です。

幼虫の頃から毒を体に取り込んで毒化することで外敵から身を守り、美しい姿は外敵に毒を持つことを知らせるためと言われています。



◆その他(アサギマダラスタンプラリーについて)

参加施設(全8ヶ所)

・北九州市:北九州パレス、白野江植物公園、総合農事センター、響灘緑地グリーンパーク

・下関市:下関市園芸センター、東行庵、リフレッシュパーク豊浦

・山陽小野田市:季節体験農場 花の海



◆問い合わせ先

株式会社花の海

総合交流部 小玉

 山口県山陽小野田市埴生3392

TEL 0836-79-0130

FAX 0836-79-0133

添付ファイルチラシ

施設の情報はこちら